魔法先生ネギま!、ハヤテのごとく!、BLEACHを応援しつつ、漫画やアニメ感想を綴ってます。ラーメンも少し。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆今号の個別感想

◇金田一少年の事件簿 ◇スクールランブル ◇ツバサ
◇さよなら絶望先生 ◇Over Drive

読んで下さる方は、続きをお願いします。
魔法先生ネギま!は、休載しています。


◆全体

今週号は、ネギま!・輝・次五郎・神toが休載。
流石に4作も休載だと、ちょっと寂しいですね。

最近は、エア・ギアについていけなくなってきた。
面白いんだけど、キャラもポンポン出てくるし展開も急転する事が多いから、
週刊誌で読んでいると忘れる部分も多いんだよなー。
しかし、カズ様は素敵だv

一歩の板垣が激強です。
個人的には、一歩と一戦交えて欲しい気持ちも若干あり。
土手での約束もあるから、実現は難しそうですけど。

相変わらず、涼風の大和が理解できない。
何で態々、拗れるような事をするかなー?仲直りしたいんじゃないのか?
同誌で自転車乗ってる大和君は、格好良いのにね。

真島ヒロ先生は、ボンボンに行かれたんですね。
確かに、読者層は合ってるかもしれない。
一瞬、主人公がルフィに見えた事は秘密vv

最後に、新連載の話題。
さい先生×星野先生が帰ってこられました。
初っ端は、賭博ネタ。
いきなり荒れそうな展開なので、しばらくは様子見です。
頑張って下さい。

◆金田一少年の事件簿

金田一は、いよいよクライマックス。
毎回思う事だけど、〝犯罪〟という行為を、よくここまで劇的に描けるよなー。
この辺が、人気の秘密なんでしょうか。
ややパターン化してる感も否めませんが、推理漫画の中では秀逸の部類かと。
まぁ、パターン化は意図的なものも感じますが。

今回も、加害と被害の密接な関係を表現。
この漫画の特徴の一つとして、〝犯人〟の過去の幸せそうな笑顔が挙げられますね。
冒頭のレオナは、実に良い笑顔をしています。
最後には〝向こう側〟に行こうとするレオナですが、結末はどうなる?
あの笑顔を見ると、助かって欲しいと思っちゃう九郎は単純なんでしょうね。
だってこの漫画、普通に死んじゃうんだもんよ。


◆ツバサ

冒頭では、飛王の夢について三者三様に語っている。
どうでもいいので、ここはパス(コラ

そんな事より、ツンデレの黒鋼がカワイイ。
小狼の天然ツッコミも見事。
目的も合致したし、普段も可愛がられてるところがあるし、ホントに兄弟みたいだね。

次も、図書館に向かうみたい。
貴重な本がたくさんあるとかで、番犬付き。
「犬 怖っ!」は面白すぎるけど、次週は休載。
冒頭でチラッと思ったんですが、今さらながら長期連載になりそうですよねー。
なんと言っても、まだ第1話の冒頭の気配が見えてこないんですもん。
作者(達)の体調は大丈夫なのか?


◆さよなら絶望先生

そろそろ、年賀状の時期が差し迫って参りました。
絶望先生は切り捨てネタ。
「マガジン足切り会議」での〝アレ〟って何でしょうね?
やっぱり、〝コレ〟ですか?

足切りリストに気になるものが。
〝ムスカにだまされた軍隊(ゴミ)〟って、ラピュタ?駿?ジブリ?
あれって、足切りって言うより、最初から足じゃなかったんだとおもうけど。

足切り=FA!?
いやいや、違うから。全く違うから。
FAと聞いて、自由契約になっちゃった千葉ロッテの3外国人を思う浮かべちゃった。
・・・深刻な話題だよ。


◆Over Drive

寺尾祭り。

レースは、残り山一つ。差は4分。
1/4としたら、残り50kmぐらいですかね?
山を越えても最後は必ず平地があるから、かなり厳しい状況です。
ダウンヒラーの遥輔とクロノマンの兵藤では、分が悪いので。

そこで、我らが(?)寺尾先輩の出番です。
「登りは、僕一人でなんとかする」と、自分が全て率くつもりらしい。
一般にチーム走行では、複数人で先頭を交代しながら走るんですよね。
それを常に1人で行うのは、正直厳しすぎ。
でも、彼はやる。
ロードレースでのエースへの献身は当然とも言える事ですが、胸が熱くなった。
エースを勝たせるためにアシストが率くのは、一種の義務らしい。
だから、選手達はエースを目指す。力をつけて、エースの座を狙う。
でも、寺尾先輩は違うんですよね。
お互いの関係に〝歴史〟があるから率いてる訳です。
そんなもん、熱くなるに決まってるじゃなのー!

また、〝率く〟という事の意義を、上手く描いてくれていました。
これもデカイですよねv

追いついた遥輔。
さすがの兵藤も、辟易って感じです。
得意のダウンヒルで突き放し、優勝できるか!?
そして、ミコトはどこ行った!?
正直、寺尾先輩のアシストだけじゃ厳しいけど、消耗具合はマシな方。
誰が主人公か解んなくなってきたけど、本気で熱い。
観客が「寺尾っ アレー(行け)!!」って言うのも頷ける。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。