魔法先生ネギま!、ハヤテのごとく!、BLEACHを応援しつつ、漫画やアニメ感想を綴ってます。ラーメンも少し。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分のアピールに消極的なカペタが、次々に抜かれていったところから。
もっと自己表現をして欲しいと望む父ちゃんの思いは届くのか?ってお話。
やたらと長いアバンは置いといて、第12話のネタバレ感想いきましょう。

相も変わらず一歩引いてしまうカペタは、さらに順位を落としていきます。
時には強引なまでの積極性も必要なんですが、幼い頃から身に付いてしまった習性は、なかなか直らないみたいですね。
お父ちゃんの気持ちを考えると、なんとも居た堪れない気持ちになってしまいます。
折角応援に来てくれたクラスメイト達もガックリきちゃってますし、何とか〝自分の殻〟を打ち破って欲しいところ!

一方のオートハウスレーシングでは、奈臣がヤキモキ。
口では「可愛い後輩」とか言ってますけど、明らかに違う目的でレースを見てますよね。
意識しているカペタが上手く走れない事に、相当苛立ちをかんじてますねー。

とにかく彼は、ツンデレだ(違
恐らく、初めて経験する〝他人への意識〟の戸惑っているんでしょうね。
母親の奈々子さんは勘付いているみたいだけど、素直には認めない。
・・・やっぱりツンデレかも。

舞台はレースに戻り、カペタの葛藤。
なんとなくですが気付き始めたカペタは、いつもの様に試行錯誤のドライビングを。
諦めムードの観衆を余所に、〝バトル〟開始ぃぃ!!

自分のラインで走れないって、かなりキツイですよね。
ご自分で運転されている方はお解かりだと思いますが、運転ってヤツは自分の呼吸、自分のタイミングの様なものがあって、それを崩されると走り難くて堪りませんよね?
今のカペタは、まさにその状況。
我々一般人は、ストレスの前に事故の危険が大きいし、初レースのカペタには、さらに危険が付き纏います。

でも、大切なのは積極性。
必ずしも最重要ではないんでしょうけど、この場合はズバリ当てはまりますよね。
現に、自己をアピールし始めたカペタは、次々にオーバーテイク!
その〝意思〟を込められた走りに、観客はざわめいていますね。
原作と違い、勢いの表現は難しいんでしょうが、伝ってくるものはあります。
F1とかを見ていると物凄く顕著に表れていて、私も興奮しちゃいますから、観客の気持ちは良く解りますv

さてさて、ここからがカペタの戦い。
混戦の中でストレスが溜まりますが、〝気持ち良さ〟を目指して突っ走る!
このアニメ、キャラの表情の描写はイマイチな気がしますが、車体の動きはCGでしっかりと描写していますので、解りやすいです。
スピード感ではなく、車体の動きそのものを重視している印象。

で、ここで社長さんが一言。

「あの子は戦える子やで。」

ですよ。
お父ちゃんと一緒に、九郎もホロリです。
管理人さんの「大変な事」って言葉は、原作を読んでいるので知っているんですが、原作バレはマズイので書きません。
が、たぶん皆さん解っちゃいますよね?

今回は、ここで終了。
カペタを一番理解出来ているのは、同じ世界に住む奈臣なんですね。
勿論、レースの事のみですが。
そろそろ先頭に追いついて、レースも激化しそうですから、次回からも楽しみ。
レースに入ると、演技が気にならなくなってきたのも吉です。


  ←アニメ版capetaに興味がある方(いるのか?)、Clickお願いします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。