魔法先生ネギま!、ハヤテのごとく!、BLEACHを応援しつつ、漫画やアニメ感想を綴ってます。ラーメンも少し。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、諏訪原とモニカのラブ話も終わり、冠がメインのお話ですよ。
モナコカップ以来、彼に焦点が当たる事が無かったので、ちょっと期待です。
まぁ、原作は読んでるんですけどね。

あらすじとしては、冠が日本一の極道の息子である事が明らかになり、異母兄弟と跡取り回避を巡って戦うといった内容ですね。

勿論、それだけで終わるはずはなく、堤は昔から冠に対して劣等感を持っていて、ある種の執念を抱いて勝負に臨んでいます。

また、勝負の課題は長野県の『信濃町』の特産品である『ジャム』
オーストリアで宮廷料理人の資格を取得している堤にとって、最も得意な課題と言えますし、パンを作らずジャムのみを作るというのは、冠にとって相当不利と言えます。
オーストリアは最も古くからジャムを作っている村もあるそうで、堤曰く、

「本当のジャムというのは、オーストリア文化を学んだ人間にしか作れない
 それ以外は、ただの果物の煮汁なんだよwww」


との事です。

圧倒的不利な状況に立たされてしまった訳ですね。

おまけに、東は風邪でダウン

オイオイ、大丈夫なんすか?河内しかいないっすよ!?

って話ですよね。(失礼)

結局、双方共に食材には『ルバーブ』を選択し、勝負へ。

パンタジアの工夫には、『氷温濃縮機』を使用。
氷温で水分を沸騰させるみたいですね。

堤は、伝統の『溶岩石』を使用する様子。
『ジャムフォンデュ』とか言う温かいジャムを作るらしいですね。

はい、聴いてるだけで美味しそうですね・・・



って、KID キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!


久しぶりにKIDが見れたよ~v
いや~、満足であります。

何やら冠が『貴腐ワイン』なる品を手にしていますが、目に入りませんな。

対する堤は長野県産のリンゴを使った『カルバドス』って言うお酒を使う。


う~ん、堤の『ジャムフランべ』は、マジで美味しそうですよぅ。
流石の冠も、ちょっと危険信号が灯ってますね。
そこへ現れた東が、諦めかけた冠を一喝!

でもこれ、本当に活路はあるんですかねぇ?
堤さんが作ろうとしてるジャムは、是非とも口にしたい程美味しそうなんですが・・・。

って、結果は知ってるんだけどねvv

原作を読んでる側としては、KIDが最大の見せ場でした(ぇ
最初は面白いから好きだっただけなのに、最近は本気でKIDに萌えてるのが怖いです。
いや~、KIDは恐ろしい魅力を秘めていますね!
まぁ、そんな感じですよ。


   fc2rank_b_01.gif
   ↑KID萌えな方、宜しければClickをお願いしますv
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。