魔法先生ネギま!、ハヤテのごとく!、BLEACHを応援しつつ、漫画やアニメ感想を綴ってます。ラーメンも少し。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
扉絵のみですが、巻頭カラーの63話です。
浴槽に衣類を身に着けたまま入るのって、卑猥な気もするんですが・・・。
ハヤテのごとく!は、妙に健全です。

ではでは、感想です。


やたらと巨大なラスボスに、ハヤテは成す術ナシ!?
確かに、こんなのどうやって倒せば良いんだよ。
そう思ってたんですけどね、


・・・成す術あったぁぁぁああ!!!


うわぁ、やっちゃったよ。

これだけは、やっちゃいけなかったのに。
コンセント抜いちゃうなんてなぁ。
空気を読めと言いたい。

いや、まぁ、抜いた瞬間のヒナギクは可愛らしいんだけどさ。

あと、スカート押さえるシスターね。
悔しいが、萌えちまう。


んで、彼女が三千院家に恨みを持つ理由は何かと言うと、

落ちこぼれマフィアの父が、アイスの当たり棒の偽造に精を出す。
            ↓
三千院ナギを暗殺する仕事を依頼される。
            ↓
三千院家の執事の少年らしき人物に敗れ、依頼遂行ならず。
            ↓
日本に渡り、板前を目指す。(達成されたかは不明)
            ↓
不運にも、フグの毒に中り死亡。


といった流れ。
所謂、逆恨みってヤツですな。
まぁ、恨みを持つのも当然と言えますね。
ちなみに、フグに毒がある事は知らなかった様なので、憧れの板前にはなれなかった可能性が高いかと思われます。


そんな理由で、ナギ達を嵌めようとしていたんですねぇ。
不憫でなりません。(あらゆる意味で)
九郎は基本的にメガネキャラの味方なので、本気で同情してしまいます。

彼女の武器は、『ハヤテごとく!』初のトンファー。

「スキあり──────!!」

と意気込んでハヤテを攻撃。
見事、ハヤテをぶっ飛ばす事に成功!

なんですが、普通はそのグリップじゃ大きなダメージは与えられませんよね?

はい、シスターはとてつもない握力をお持ちの様です。


そんなシスターを止めたのは、生徒会長・桂 ヒナギク。
重量の差はありますが、両手のヒナギクを片手で弾く辺り、パワーキャラっぽいですね。
眼球を狙うのは、この漫画っぽくなくて驚きましたが。


んで、誰もが待ち望んだ(?)我らが雪路姉様の登場であります。

なんと彼女、百万円で悪霊に体を貸しちゃったみたいなんですねぇ。
えぇ、萌えますよね

最初に電撃を使ったので、ご都合でロボットを動かしちゃうかとも思ったんですが、律儀にコンセントを入れ直してくれました。
ここら辺の細かさは、好感が持てますよ。

結局、ハヤテとナギを残し、他の方々はリレミト
ここで、一大イベントが発生です。


シスターがワタル君に惚れちゃったよー;


なんて羨ましい子なんだ、メガーネばかり集めやがって!!
まぁ、このシーンで地団駄踏む九郎もどうかと思いますが。(冗談ですよ?)

実際のところ、ワタルって結構良い男ですからねぇ。
初登場シーン以外は、一番の真人間ですし。
将来、本気で三千院家に並んじゃったりするかもしれないですね。

また、ナギもかなり良い娘。
わざわざ残ったのは、主としての筋を通したのか、ハヤテだから残ったのか・・・。
もし前者なら、上に立つ者としての素養を備えてるって事ですよね。
ただ・・・後者の可能性が高いんじゃないかな?(それはそれで萌える)


さてさて、あっさりと捕まったナギを助けるために、


「文字通り────疾風のごとく!!」


あれれ?このシーン、かなり盛り上がりましたよ?
申し訳ないですが、こういう描写は苦手なのかと思ってましたよ。
本当に失礼な勘違いをしてしまって、面目無い思いでいっぱいです。

この必殺技、かなりの威力がある様で、協会をぶっ壊しちゃいましたね。
ヒット直前で伊澄に除霊されたお陰で、雪路姉は思う存分味わえた事でしょう。

そんな感じのウダウダで、この回は終了。
ハヤテは見事、必殺技(自爆系)を習得しましたとさ。


では、バックステージを参照しながら、まとめに入りましょう。


偽シスター・フォルテシアの名前は、ヒルダ・シャフルナーズ。
彼女は、本当にシスターだったみたいですね。

ここでシスター・フォルテシアはダイナソアのインスパイアである事を明かしてます。
今回は、ファルコムネタで攻めてきてたみたいです。
旧ダイナソアにフォルテシアがいたかは覚えてないんですが、ヒルダはいた気がします。

彼女はワタル組に入る様なので、これからも出番はあるんでしょう。
ビデオ屋で働くかは不明ですが、仰る通り、パワーバランスは取れてきました。
九郎はと言えば、『チーム・メガネ』を応援する事を決心しました。


次、ハヤテの必殺技について。

この技は、HPを消費して消費したHP分のダメージを与えるらしいです。
不便で仕方ない技ですが、タフネスがウリのハヤテには調度良いか?
雪路と我慢合戦になったら、負けそうな気もしますが。

一応、畑先生の中では名称は決定済みの様な事を匂わせていますが、

「皆さんのえた名前がハヤテの必殺技になる!……かもです、かも。」

との事。(「かも」を強調されてます)
ここは一つ、応募してみるのも良いじゃないでしょうか?

次回は、必殺技の『ある意味』真の力が明らかになるとの事。
ろくな事じゃないんでしょうが、期待して待ちましょうね。


   fc2rank_b_01.gif
   ↑チーム・メガネを応援される方、宜しければClickをお願いしますv
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
衣類着用の入浴は卑猥です
トラックバックどうもありがとうございました!

カラーは泣きたくなりましたね。
麗しい色使いに素晴らしい構図。
色々なことが頭をよぎりました。

ワタルの年上殺しは成長した時にその力が存分に発揮されるでしょう。
それを考えるとサキさんが不憫だなぁ。

シスターの正体はまあ不幸というかお笑いというか・・・。
やはりこの作品は”コメディ”だということを改めて思い知りました。

私からもトラックバックさせていただきます。
2006/01/19(木) 08:59 | URL | jiro #eRCqN4Tc[ 編集]
こんばんわ、初めまして。

トラックバックありがとうございますm(__)m

ハヤテの必殺技は自爆技って事は・・・ハヤテの残りHPが少なくなったら効果も弱まるんですかねぇ。
だとしたら土壇場からの一発逆転は狙いにくい技かも。
上手く使うにはHP回復役が必須ですねw
HP回復役といえば・・・伊澄さん?

でわでわ、こちらかもTBさせてもらいます。
2006/01/19(木) 18:40 | URL | 深緑(ふかみどり) #-[ 編集]
はじめまして
トラックバックありがとうございました

雪路が百万円で悪霊に体貸しちゃいましたがあなたは本当に28歳なのかと(ry

>主としての筋を通したのか、ハヤテだから残ったのか・・・

これはハヤテだから残りつつ表向きは主としての筋を通すという高等テクニックを使用したものかと勝手に思ってます

それでは
2006/01/19(木) 20:23 | URL | カムニル #-[ 編集]
>jiroさん
こんばんは!
カラーは良かったですよね。
遊びも効いてますし、ナギ好きには堪らない1枚だったんじゃないでしょうか?
ハヤテ好きにも言える事ですが。(九郎とか)

ワタルは、正直言って羨ましいです。
年上キラーはともかく、メガネを取り込んでいくなんて・・・。
将来、橘の家には年上メガネが溢れている事でしょう(笑)

ではでは、TB有難うございましたv
鋭い指摘も含めて、楽しく読ませて頂きました。
2006/01/19(木) 21:21 | URL | 九郎@管理人 #jhC0J7jE[ 編集]
>深緑(ふかみどり)さん
初めまして、九郎と申します。
ハヤテの必殺技は、確かに一発逆転は難しいかもしれませんね;
「必殺」と言っても、どちらかが必ず死ぬって意味としか思えません(笑)

>上手く使うにはHP回復役が必須ですねw
>HP回復役といえば・・・伊澄さん?
それは面白そうな展開ですね!
ナギが黙ってなさそうですけど、有り得る話です。
ちょっと期待しちゃいますねぇv

ではでは、失礼します。
深緑(ふかみどり)さんの感想は、テンポが良くて面白かったです。
2006/01/19(木) 21:29 | URL | 九郎@管理人 #jhC0J7jE[ 編集]
>カムニルさん
初めまして、こちらこそ有難うございます。

雪路は、本当にどうしようもないキャラですよね~。
愛すべきキャラでもあるんですが、欲望が一直線すぎです;

>これはハヤテだから残りつつ表向きは主としての筋を通すという高等テクニックを使用したものかと勝手に思ってます
なるほど!
そんな心憎い演出が散りばめられていたんですね。
妙に納得しちゃいましたv

それでは、失礼します。
カムニルさんの感想は、簡潔で的確なツッコミが楽しかったです。
2006/01/19(木) 21:42 | URL | 九郎@管理人 #jhC0J7jE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。