魔法先生ネギま!、ハヤテのごとく!、BLEACHを応援しつつ、漫画やアニメ感想を綴ってます。ラーメンも少し。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近は、サンデーの感想が遅れてしまってますね。
最低でも金曜には書きたかったんでしが、ちょっと忙しくて。
申し訳ないですが、今頃になっての感想です。

尚、ハヤテのごとく!は、感想を別記しています。

◆焼きたて!!ジャぱん

しつこい様ですが、雪乃に萌えます。特に扉絵。

和馬は『クロワッサンタルト』を作ろうとしてるんですね。
クロワッサンとタルトって、近い食べ物だったのか。
以前に作ったクロワッサンは324層だったけど、最低でも6561層いるらしい。

実際に作るのは、和馬も雪乃も59049層のもの。
最近、天才っぷりが強調される漫画になってきたなぁ。
まぁ、以前からその傾向はあったんだけどさ。

リアクションに耐えられない人や料理漫画が好きじゃない人には、受け入れられないかも?
九郎はリアクションで笑えるし料理漫画も大好きなので、楽しくてしょうがないけど。
特に雪乃が相手になってからは、興味津々ですよ。


◆聖結晶アルバトロス

この長髪のモノバイルは、クレインって名前なのか。
『アンチモン』が素石らしいですね。
普通に警官が殺されてる辺り、ほのぼののままって訳にはいかないみたい。
人間を研究材料にしちゃうって設定は月並みだけど、この手の作品では仕方ない。

ユウキは相変わらず一直線で、やっぱり好感が持てる。
最初は戸惑った姫の言動も、ユウキとセットなら楽しむ事ができます。

聖結晶を目覚めさせるには何らかの方法が必要らしく、クレイン側にはその手段は解っていない様ですね。
この石、もしくは覚醒の手段を巡って、これから戦っていく事になりそう。
それはおそらく、モノバイル全体の意思だと思うけど、今回は言及なし。
姫とユウキが信頼関係を築くのがメインなんでしょうね。

ただ、姫の態度がガンコすぎて進展も難しいのが現状。
このガンコさは生来のものでもあるんでしょうが、「あの時」にも関係あるんでしょうね。
なにやら爆発が起こって仲間が居なくなったみたいだけど、展開的にはユウキの勢いで全てをぶっ飛ばす感じなんじゃないかな?
ベタでも痛快なものが好きなので、そっち系を希望します。
あと、さっさと朝倉に戻って欲しい。


◆MAJOR

なんだ、天童は肘を壊してるんじゃん。
だったら特別に驚く采配でもないよねぇ?

九郎はプロスポーツ選手とは無縁だから、ここで意地を張る気持ちが解らないです。
損得だけで考えちゃう。

大木さんに尽くしてきたって言っても、一般的な考えでは故障者には無理をさせないでしょ?
だって、球団からもクレームきちゃうじゃない。
フロントの反対と責任感でメジャーを諦めぐらいなら、なおさら無理はしないと思うけどなぁ。
若くしてメジャーに挑戦した吾郎に、嫉妬心でも燃やしているんだろうか?


◆史上最強の弟子 ケンイチ

出ました、筋肉は量より質理論。
お約束ってヤツですな。
様々な師から様々な技術を学んだケンイチが、一気に爆発するお話。

問題は、ここまで恥ずかしいセリフを平然と言えるんなら、さっさと進展させろよ!って事。
それが出来ないケンイチも可愛らしいけど、ヤキモキしちゃいますね。

結局、ケンイチとサンボ君は互角なのね。
圧倒的とは言わないけど、もう少し差があるのかと思いましたが。
決闘状も受け取ったし、後に真剣勝負になるのかな?
なんとなく、再戦は無いような気もしますが。
どちらにしろ、改心しそうなキャラではあるかと。


◆あいこら

まだ悩んでたのか・・・。
いいじゃん、ハチベエ×盃二で。
つーか、読者にまで裸体を拝ませるのはヤメテくれぃ;

部活に仮入部しまくる盃二を見張るハチベエと、天然トラブルを起こしまくる盃二。
かなりのお似合いカップルだと思うけどなぁ。
ちなみに、BLっぽいのは前作の方が好きでした。
なんか、ちょっとリアルなのが怖いんすよ、今回のはね。
最後に「生涯の友」って言ってくれて助かった。


◆ブリザードアクセル

五反田に萌ゆる。
凛々しく、逞しく、そして間抜けな男、五反田。
彼に萌えずして誰に萌えると言うのだ。

右足を痛めた五反田が、意地で滑るお話ですね。
最初はイマイチだったらしいけど、爆発する五反田。

そうそう、これが見たかったんですよ。
この手のキャラの頑張りって、主役の活躍より燃えるんですよね。
勿論、このまま終わるとは思えないので、最後には力尽きるかミスるんでしょう。
それがまた涙を誘うんですよ。
私は本当に王道好きだなぁ。

ただ・・・怪我から回復したら、かなりの実力を発揮するんじゃないだろうか?
だってさ、既に五輪レベルの滑りをしてるんだもんよ。
インフレはご愛嬌だと思うしかないのかも。
ゴルフ時代もそうだった・・・。掲載誌は違うけど。


◆絶対可憐チルドレン

めっちゃ悪い顔してる兵部だけど、桐壺さんには敵わないんだね。
・・・そんな訳は無いか。

あと一歩のところで味方が駆け付け、なんとか留まりました。
良かったですねぇ、てっきり急展開かと思ってしまいましたよ。

つーか、兵部に冷や汗をかかせる葵は、やっぱり凄かったんですね。
流石に、この年齢じゃ勝てはしないみたいですけど。
う~ん、スピードは分があると言っても、反応が追いつかないって事か。

兵部が去り際に残した写真から、薫が皆本の夢の中へ。
昔、そんな歌があったなぁ。

んで、『あのシーン』からなのね?
とりあえず乳をチェックする辺りは、薫らしいくて笑えるんですけどね。
結局は急展開になっちゃうんですねぇ。

今回は、紫穂の出番は無し。
つーか、人物紹介にも居なかった;
葵→薫→兵部→皆本の順で載ってただけ。
オイオイ・・・。


◆グランドライナー

あ~あ、秘書さんが正体現しちゃったよ。
メガネの方が素敵だったのにね。

一方のアルは、マヤと再会。
間が悪い事に、罠に嵌められ中での再会なんですよねぇ。

マヤには悪いけど、頑なにギルティライナーを憎むアルに好感を持ちました。
だって、あっさり心変わりされたら物語がつまらなくなるでしょ?
このぐらいで良いんですよ。
ラストの呆気にとられるアルの表情も良かった。
短期連載は飽きないですね。
サクサク進むから緊張感が途切れないですよ。

あとは、この後のアルの行動ですね。
ここまで一本気だったんだから、少しは疑う事も覚えるのかな?
個人的には、清濁併せ呑むキャラにはなって欲しくないんですが。
ならないとは思うけど。
一度折られてから立ち上がるまでの描写に注目。


   fc2rank_b_01.gif
   ↑宜しければClickをお願いしますv
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。