魔法先生ネギま!、ハヤテのごとく!、BLEACHを応援しつつ、漫画やアニメ感想を綴ってます。ラーメンも少し。

2005/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312005/10

2005/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312005/10

2005/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312005/10

2005/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312005/10

2005/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312005/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とまりサイドのお話ですね。
いよいよ戦いが激化してきましたから、避けては通れない話題です。
ところで、感想にいく前にご報告があります。

imgdb9e07f9ccw4sg.gif

なんと、こちらに参加させて頂きました。
らじかるあにこみ(ギル・エール様)が本部です。
また、こちらでも書きましたが、三角関係を温かく見守っていく、という宣言でもあったりします。
なので、あまり偏った内容にはならない記事を書いていこうかと。
誰の味方とかはありませんので、ある意味では面白味がないかもしれませんね。
それでは、感想です。

また、あのシーンの再現。
ただし、今度はとまり視点から。

目撃したとまりが返した反応は、祝福。
走り去るとまりと追いかけ様とするはずむ、そして引き止めるやす菜。


「有難う、受け止めてくれて。」


やす菜は、同情が大部分を占めている事に気付いているんですね。
それでも引き止めた理由は、「後悔したくない」に集約されていましたよね。(第5話より)

とまりは、幼い頃の約束を思い出す。
おママゴトでの、どこにでもある様な約束だけど、心のどこかで信じていたのかもしれない。
八つ当たりでダウンした明日太と並子先生は憐れだけど、そこはスルー。


「じゃあ僕、とまりちゃんのお婿さんになるね。」


「そ、そんなメソメソしたお婿さん、いらないね!」


フフフフフフ、甘ったるいですな。
まぁ、とまりは切ないんでしょうが。
幼女時代からツンデレなんて、天然素材じゃないですか。


次の朝の登校時では、とまりが脚色しつつ暴露。
いや、それはイカンだろ;
意味深な目で見つめるあゆきと、ニコニコしている明日太の温度差が面白い。


日常でも、とまりははずむを避け続けるんですね。
そっれなく、ちょっと冷たく避けているけど、無理してるっぽいのが丸解り。
それを見つめる、あゆきの視線が素晴らしい。(←軽くプッシュ)


「ゴメン、嫌な奴だったな、私。」


「そうね。」


え、えぇぇぇ!?「そうね」なのかよ。
いや、ちょっと面白いけど・・・、まぁ良いか。
それより、何を飲んでるのか教えてくれ。
某有名な牛乳かい?
九郎も次回から飲む事にするから。


それにしても、やす菜は変わりましたね。
笑顔が無かった序盤に比べると、随分と可愛くなりましたよ。
明るくなると、やっぱり魅力的に写るもんなんですねぇ。
別に、チラリズムの事ではないですよ?
・・・ごめん、ちょっとだけ入ってます。


一方のとまりは、明日太で カラオケでストレス発散。
なんと、予約曲を消去するという暴挙に出るんですね;
それだけは、それだけはしてはいけないのに・・・。


「延長?も~ちろん!あと2時間でも3時間でもなん・・・」


「終わりにします。はい。」


「いくら歌っても、逃げられはしないわよ。舞台に上がるのを選んだのは、貴女でしょ。」


ちょ、カッコイイよ、あゆき。
特にメガネが良い(そこか)


ちょっと混乱してしまっているとまりだけど、望みはある。
はずむは、何年も前の記憶を、ちゃんと覚えていたんですね。


とまりの元へ駆けつけて、思いをぶつける訳です。
はずむにこう言われちゃったら、グラつかない人なんて居ませんよねぇ。


!!!!!?


打った、打ちましたよ、奥さん!
は、はずむに闘魂を注入しちゃいました☆
しかしまぁ、これははずむにも非はあるんですけどね。
相手の気持ちというものは、なかなか解るもんじゃないですし。
幼馴染と言っても、10年ほどの付き合いしかなくて、しかも異性だった訳ですから、どちらが悪いとは言えないんですけど・・・。

しかし、ここら辺が、とまりのアドバンテージでもありますよね。
思い出と、培ってきた信頼があるからこそ、感情もぶつけられるんですから。
恋愛感情は別かもしれないけど、まず人間関係ありき、ですから。

あとは、好きだと認めてからもキスをしなかったところですか。
これ、どちらとも取れるんですけど、個人的には強みだと思ってます。


やす菜側から見るなら、強引さが強み。
言い方は悪いけど、相手より自分の気持ちを優先するのって、大切な事でもありますからね。
現に、それを切っ掛けに関係が良好になってきてますし。
良く言えば、正直さが魅力なんじゃないかと。


これは、面白くなってきましたね~。
積み重ねたものと感情の爆発が一騎打ちですよ。
今回で、どちらかが優位というのは無くなりましたから、先が楽しみですね。
原作はコミックスしか読んでないので、私も予測がつきません。
この関係の結末を、生温く見守りたいですね。


次回は、和みの海物語。(CRではない。)
ちょっと緊迫した展開が続いていたので、単純に萌えるシーンが見れそうなのは嬉しいです。
たまには、明日太の活躍も見たいですしね(笑)


   fc2rank_b_01.gif
   ↑和めそうな次回は嬉しいですよね?嬉しい方は、よろしければClickをお願いします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。