魔法先生ネギま!、ハヤテのごとく!、BLEACHを応援しつつ、漫画やアニメ感想を綴ってます。ラーメンも少し。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ついに本誌でもアニメ2期の発表がありましたね。
赤松先生の「『動きそうな』絵」というコメントが、皮肉に聞こえるのは考えすぎでしょうか?
原作と違う展開になるのは、2作のみなので当然ですね。
新房監督の、「31人のキャラを生き生きと」に期待です!
「イベントでしか見られない」は、そんな訳無いので気にしないでおきましょう。
一番の問題は、まき絵の髪がピンクな事ですよね。
これは絵が綺麗なので気にならないレベルですが、他のキャラはどうなるのか?
そして、赤松先生の出演はあるのか!?(上手くなってたら笑えます)
なんにせよ、目が離せないですよね。

さてさて、本編の感想です。

パルの宥めも聞かず逃げ去った夕映が、のどかとギクシャクした時間を過ごし、のどかに聞かれていた事を知って、半ば自暴自棄でROCKET DIVEといった流れ。
トロトロとかドロドロどころじゃないと思うんですか・・・(汗)

今回は、図書館組3人の心情が満遍なく描かれていて、かなり激動の回でしたね。
また、それぞれに見せ場が用意されていましたので、内容も濃かったです。
この作品の特徴でもある伏線は、数こそ少ないですが今回もあり。
本来、ツッコミ役であるはずのカモが事情を知ってしまっていましたし、パルは宥めるのが精一杯でしたので、歯止めが利かず突っ走ってしまいました。
展開としては亜子編と酷似していますが、担っている役割が全くの別物。
亜子編で言えば、クギミーが解決に乗り出すようなものです。
ネギが深く関われない問題ですので、生徒間で綴られる物語を楽しめるのが特徴でしょうか。

それでは、順番に挙げていきましょう。


■抱きしめるパル、拒む夕映。

前回のラストを見て、絶対パルは抱きしめる!と思った方も多いのでは?
我らの期待に応え、抱きしめてくれました。

ここでは、パルの母性と月並みなセリフでの説得が描かれています。
結局は拒まれてしまいますが、前回に続いて、パルの「良いヤツ」っぽさが素晴らしい。
軽口を叩くのは、相手の気持ちを軽くしようと思ってですかね?
人の心に入り込むのが上手そうな描写です。

前回、今回、たぶん次回も、萌えではなく好感度を上げる描写を前面に出すんでしょう。
ですので、人気には直結しない事が予想されます。
本当にオイシイですね、パルは。


■萌えちゃったシーン。

・木乃香の口を塞ぐ宮崎さん。(擬音が萌える。)
・本に埋もれる夕映。(これ、土管ゆえを連想しちゃいました。)
・一人ぼっちのネギ坊主。(「怒られないかなー」が可愛すぎた。)
・木乃香祭り。(表情、言語共に怪しく、ネタバレにツッコむ姿は素晴らしかった。)
・想像上の、のどかと夕映(泥棒猫は笑わせてもらった。)


■名作と偏見。

飽くまでも私の主観ですけど、パルの説明は偏見とは言い切れないと思いました。
勿論、「名作に対する」場合のみですけどね。
むしろ、核心をついていたかと。


■アーティファクトって・・・。

「アーティファクトは、その人の性質に合ったものが出てくる」との事。
つまり、契約相手は関係ないんですね。
気になるのは、同一人物が異なるアーティファクトを出せるのか、という事です。
人間の性質って、常に不変ではないですからね。
15歳で得たものと、一旦契約解除して20年後に得た物では、違う品になるのかもしれません。
まぁ、作中では気にする必要は無いんでしょうけどね。

また、のどかは密かに練習しているみたいですね。
のどかのアーティファクトについてカモが私見を述べていますが、これが本当だとすると、魔法は「正」の存在になりますよね。
悪意を持ちそうな人には、無理だったって事ですからね。
基本的には、『マギステル・マギ』になるのが本来の姿なんでしょうかね。


■のどかにツッコんで貰えるパル。

「人聞きの悪い事言わないでーハルナ────」

前回に続いて、のどかがツッコミです。
のどかにツッコんで貰ってるのって、たぶんパルだけですよ。
思わずツッコんでしまう言動の所為でもあるんでしょうが、信頼関係の表れでもあるんじゃないかなぁ?


■暴露、三者三様。

・宮崎のどか
彼女の心境は、「イヤだよ」に集約されていますよね。
黙っていた事もイヤなんでしょうし、知らずに自分が夕映の枷になり、傷つけていたかも知れないのがもっとイヤなんでしょう。

・綾瀬夕映
自分の気持ちを認める事が出来ないのは、汚い(と彼女が思っているもの)を曝け出すのがイヤだからでしょう。
のどかとは反対の事を考えているんですね。

・早乙女ハルナ
「パル様としたことがっ」と言うからには、自分の役割を自覚しているんですね。
彼女がそれを担わないと、上手く関係が機能しないとも言えるんですが・・・。
大黒柱的なポジションですが、人気面では足を引っ張っているのが面白い。


■意外と頭が回らないアルベール・カモミール。

「装甲防火扉やっ!!」
「何でそんなもんが図書館に!?」

・・・本が燃えると困るからでしょ?
それほど貴重な書物が保管してあるって事だと思うんですが。
テンパッてるんですねぇ。


■ゆえの心・・・・!

人の心を覗くのは、必ずしも悪い事ではないですよ。出来るならね。
私は、その選択は正解だと思います。
私が覗かれたとしても、私の事を考えての行動だったのなら怒りませんしね。
どちらかと言えば、覗く側が辛いんですから。


■ROCKET DIVE!!

夕映は、いわゆる潔癖症ってヤツなんですかねぇ。
彼女の言う事も解らなくは無いんですけど、一度思い込んでしまったら柔軟にはいかないみたいです。
以前に小太郎をシメた時にも表れていましたが、猪突猛進型なんですね。

「私が何より恐れているのは のどかに嫌われてしまうことなのに・・・・」

126時間目の感想で、のどかのネギに対する想いを夕映が上回ったと書きましたが、こちらでも同じだったのですね。
まぁ、発言からすると、強い信頼関係で結ばれているとは言い難いですけど。
パルが自分の役割を自覚しているのは、ここら辺に原因があるのかな?(無意識だとしても)

で、およそ4m程と思われる高さから、水面にダイブです。
これじゃ死にはしないと思うんですが;
ハシゴは絶対に設置してあるでしょうし・・・。
滝(?)があるから危険って事なのかな?
とりあえず、助けないと危ない事を前提にして、考えられる手段を幾つか。

1.パルが飛び込んで、夕映とパクティオー。
2.カモのオコジョ魔法で助ける。
3・司書が姿を見せずに助けてくれる。
4・ネギが防火扉をぶっ壊して助けに入る。
5.実は、足が着くぐらいの深さしかない。

う~ん、私の貧困な発想力では、これが限界。
1は、予想と言うよりも希望なんですけどね。
パルは夕映の気持ちを知ってしまいましたから、軽率にキスはしないでしょう。
ですので、契約するなら夕映しか居ないんですよね。
アーティファクトを見たいのと、出番を増やして欲しいので希望です。

2、3は無視してくれて構いません。
まず無いでしょうから。

4は有り得なくはないんですが、嬉しくない展開。
5は、普通なら考えませんけど、赤松先生なので一応は考慮。

つーか、夕映(主)とパル(従)でパクッちまえって!!
ホント、頼むからさ。
それだけで、2年は引き篭もれるんだよ。(引き篭もってないけど)


■結局は、『小さな勇気』。

まぁ、とにかく、キーワードは『小さな勇気』って事ですか。
のどか→夕映は解りませんが、夕映→のどかは不安定です。
これは、壊れるのが怖いからなんですけど、仮にも親友なんですからね。
打ち明けられないのが悪いんじゃなくて、壊れると思っている事が問題なんです。
ここで必要になってくるのは、『小さな勇気』でしょう。

現在、作中で『小さな勇気』を見せてくれたキャラは3人。(私見です。)
のどか刹那ネギですね。
のどかは親友に背中を押されたのと、本来の強さから。
刹那は、明日菜が背中を引っ叩いてくれたから。
ネギは、沢山の人に支えられて、自分を見つめる第一歩を。
あと、亜子も半分ぐらい。(傷を克服すれば完璧)
おまけと言っては失礼ですが、小太郎も踏み出しそうです。

実は、ネギが背中を押した事は数少なかったりするんですが、今回もパルがやりそうですね。
この作品で一番好きな瞬間ですので、次回が楽しみです。


今回は以上です。
最初に読んだ時は全く別の事を思ったんですが、ちょっと『ネギま!』と関連性が薄いので、別記事で書こうと思います。
本当に関係無いんで、気にしないで下さいね(笑)

ちなみに、コーラに牛乳を入れても、味は変ではありませんよ。
是非一度、お試しあれ!!!(責任は取れません。)


   fc2rank_b_01.gif
   ↑夕映とパルのパクティオーに期待している方、Clickをお願いします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
元MAGINEGINAGI
長いので名前変えました。

トラックバックさせて貰いました。

>で、およそ4m程と思われる高さから、水面にダイブです。
これじゃ死にはしないと思うんですが;

ええ? そうなんですか?

全く気付きませんでしたorz
どうするんだろうってハラハラしていました。

では失礼します。

2006/03/01(水) 15:37 | URL | Me #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。