魔法先生ネギま!、ハヤテのごとく!、BLEACHを応援しつつ、漫画やアニメ感想を綴ってます。ラーメンも少し。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今話のメインは、ネギvs刹那。
・・・・・では無くて、ネット暴露かな?
到着したクラスメイト達のリアクションと相まって、盛り上がりを見せる「まほら武道会」。
連載当初から、最も素敵なタイトルの、114時間目の感想です。


ん~。朝倉の足・・・だんだんムッチリしてきてません?刹那ほどじゃないけど。
朝倉にしがみつく、さよちゃんは可愛いな・・・萌えておこう

クラスメイトも到着した訳だけど、最近は裕奈がプッシュされているのかな?
まき絵のクラスメイト編は終わり、ある程度の出番と立場を確保しましたからね。
亜子も、バンド関係で出番は確約されていますし、元々人気も高いです。
最近の裕奈&アキラのプッシュは、クラスメイト編の先延ばしを暗示していたりして?

いよいよ試合が始まりますが、ネギはお悩み中。
アル氏のアーティファクトである事に気付き、企みを懸念しています。
6年間の「あの人」が、ナギでは無かったという考えは持っていない?(消えた?)
実際、そんな考えがあっても不思議じゃないと思うけど・・・。読者だからかな?
まぁ、その辺はネギの言うとおり、決勝で確かめるって事でしょう。

超弱気なネギ少年、逃げに走りおった~~!!
刹那は生真面目って言うか・・・何とも頑固っぽい表情ですよね~。
クラスメイトも大盛り上がりですね。
中でも特筆すべきは、アキラの「りりしい?」でしょう。
「かわいい」→「りりしい」へ。今後、何かが変わる?

試合中、ネギは杖を呼び、槍術に切り替える。
3倍段とは言いますが、熟練度はどうなんですかね?
また、刹那の気で、完全に遮られていますね
似たような形態の技を、タカミチはヒットされています。
気の練りだけなら、刹那が上なのかもしれません。(タカミチが本気で練っていた場合)

刹那の連続技は、凄まじいですねぇ。
百烈桜華斬→中キック(キャンセル)→斬空閃ですか?
続いて、斬岩剣(キャンセル)→斬鉄閃→桜散華。
・・・本気で格ゲー出してくだされ。絶対買うよ。
使用キャラは、パル・ちづ姉・さよちゃん(´∀`)

客席では、千雨がちょっぴりガッカリしてる?
いいんちょは・・・大丈夫か?クギミーも大変だ。

トドメを刺さずに、語りかける刹那。
楓との密会は、きっとここからの部分についてだったんでしょうかね。
内容は解らないけれど。
刹那の言葉は、楓からのものではなく、刹那自身の言葉だけでもないように感じました。
もちろん、刹那や楓もこう考えているんだろうし、望んでいるんだと思いますけど。
明日菜の「想い」を、噛み砕いて「言葉」にしたって感じなんじゃないかな?
ネギの事を託されて、何が出来るか悩んでたみたいですが、見事果たしているのでは?
「私の分もぶん殴ってきて」も果たしているあたり、真面目さんです。
ともあれ、刹那は間違いなく、「恩」を返しているんじゃないでしょうか。

肩の力が抜けて、晴れやかな表情のネギ。
屋根の軍団、好感度↑↑・・・いいんちょは、置いておく。
裕奈、アキラ、桜子、美砂、史伽は↑↑↑・・・かな?

最後、ネット上に「涙のマル秘過去話」が。
これって、「6年前のあの日」ですよね?
「行方不明の父を探して日本へ・・・」ですから、多少の脚色はあるかな?
超だしなぁ・・・・・無いか。

おそらく、千雨と茶々丸が会話してるっぽいコマは、これについて?
チャチャゼロがエヴァに携帯を見せています。
興味の無さそうなエヴァ様ですが、援護or助言もあるかも。
夏美が小太郎の心配(?)をしているのも、意味あり気。
ザジが千と千尋ワールドを繰り広げていますが、ある意味、一番の見所と言えます。
2回目のセリフも有りますし、仮面達も言語能力がある事も判明。
中身は一体何なのよ?とりあえず、食いしん坊万歳
見逃してはならないのは、朝倉の「せっちゃん」発言です。一部で盛り上がりそうv

冒頭でも書きましたが、タイトルは素晴らしかったかと。
別段、捻りもないですし、ありふれたタイトルなんですが、
普段のタイトルと比べ、境界線となる話だという事が、一目瞭然。
常時は捻りを加え、大切な話に王道的なタイトルを持ってきた訳です。
赤松先生は、素晴らしい仕事をしたのでは?
先生ご本人が決めたかは、解らないですけどね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。