魔法先生ネギま!、ハヤテのごとく!、BLEACHを応援しつつ、漫画やアニメ感想を綴ってます。ラーメンも少し。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆今号の個別感想

◇焼きたて!!ジャぱん ◇史上最強の弟子ケンイチ ◇ハヤテのごとく! 
◇あいこら ◇ブリザードアクセル

読んで下さる方は、続きをお願いします。


◆全体

ワイルドライフは、本当に勉強になりますね~。
甘噛みもダメだったのか・・・。知りませんでした(^^;
ガッシュは、ちょっと解らなくなってきた・・・。
長編は、コミックスで読んだ方が良いかもしれないですね。

執事、庭球、エスパー、フェチと、ジャンルも広がって、層が厚くなってきた印象。
サンデー頑張ってるよ。
近所のコンビニでも、もっと入荷量を増やして欲しい・・・。

◆焼きたて!!ジャぱん

新章突入ですが、その前に、ツッコミ所がま~んさいv
〝へ〟さんって、戻ってないの?カツヲも?
リアクションは面白いけど、社会問題に発展するぞ・・・。

シャチホコだ~!
結構好きなんですよね、シャチホコ。
今度の対戦相手のマルコ君は、彼の従兄弟らしい。
でもさぁ、覚えてないでしょ、普通は。ちっちゃいし隅っこだし。
あんなのが天才ピザ職人なんですか・・・。

しかも、イタリアでは本当に社会問題になってるよ。
一般人がリアクションとってて、しかも1/10の実力。
黒柳は、どうなっちゃうんでしょうね?

ピザは我々にも馴染みが深い料理だけど、「パン」の工夫も想像がつかないです。
今回は、かなり期待してます。(リアクションではない)


◆史上最強の弟子ケンイチ

今回は、美羽のご両親の墓参りです。
辻がちょっぴり出しゃばってましたが、放っておきましょう。
武田さん達の成長や、修行などは興味あるけど、これも今回はパス(ぇ

「有料地獄めぐり」に戻ったケンイチは、豪傑達にシゴかれます。
部屋でバテていると、美羽から墓参りのお誘いが。
廊下では、師匠軍団が立ち聞き。心配してるクセに、素直じゃない。
好きなんですよね~、この超人どもw

お墓には、父親の名前が無いですね。
ひょっとしたら、闇の一員(もしくは棟梁)なんでしょうか?
どちらにしても、今後の物語に関わってきそうです。

デート(?)に行くケンイチ&美羽ですが、翔クンに発見されます。
次回で接触するっぽいけど、ケンイチは大丈夫かな?
「改造計画」の成果が発揮されるのか、翔クンの実力を見せる回なのか?
って言うか、「駆け落ち」は言えるクセに、「デート」で間誤付くなよ、ケンちゃん。


◆ハヤテのごとく!

サキさん、やっぱり可愛いなぁ。出番は少ないけど。
2人1組って事で、ナギを抱えて走る(跳ぶ?)ハヤテ。
相変わらずの、天然色ヒロイン(?)だ・・・。

ヒナギクは、相当なマイペースさん。
ハヤテがヒロインなら、ヒナギクはヒーロー?男前だね。
どうでもイイけど、某少女革命ルールで競うんですね。
この漫画も、パロディが凄まじいですわ。

お金大好き、ヒムロさん登場でピンチ。
現れた助っ人は・・・・・パクりか。
キュアキュアって何だよ?しかも、マックスハートなんだ。
ヒムロは強気だけど、サキさんはともかく、マリアは強そうですよね。
ついに実力を見せ付けるのかな?


◆あいこら

よくもまぁ、ここまでテーマを思い付きますね。
今回はメイド喫茶ですか・・・。

ハチベエは、最初はイマイチ興味が沸かなかったみたいですが、惹かれ始めてます。
渋沢曰く、「10年は闘える」らしい・・・。
偉大なり、ツンデレ。

最後は、作者にも収集不能になっちゃった。
萌えとフェチの融合で決着、という事で・・・良いのかな?

今回の変態名言「飾りじゃないのよ、パーツ愛」


◆ブリザードアクセル

吹雪と六花の「ドンキホーテ」、開幕であります。
吹雪・・・格好良くなりすぎでしょう。
最近は、東北の訛りも影を潜めてますし。
鈴木先生の作品の主人公は、もっと2枚目なイメージだったんですが・・・。
ライバルは必ず美形ですけどね。

和志&樹里亜は、話が進むほど崩れていきますね。
憐れになってきた。

ドンキホーテを、喜劇としてのみ捉えているフロストクイーンですが、
局部に限らず、悲劇的に捉えるのはよくある事です。
一流であるはずのフロストクイーンのコーチは、何を教えていたんでしょうね?
技術以外の部分に関しては、自主性を促していたとか?
とにかく、演技に注目の次回です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。